きかんしゃトーマス

きかんしゃトーマス(Thomas and Friends)は、イギリス制作のミニチュア・ワークを取り入れた幼児向けの人形劇[1]テレビ番組。2002年ごろまでは、Thomas the Tank Engine and Friendsが正式なタイトルだった。日本語版は一貫して「きかんしゃトーマス」と称してきた。

イギリスで1984年にテレビシリーズとしてスタートした。日本では、1990年から、フジテレビ系列の『ひらけ!ポンキッキ(→ポンキッキーズ→ポンキッキーズ21→ポンキッキーズ→ポンキッキ)』、およびフジテレビ721『チルドレンタイム』、BSフジ『トーマスくらぶ』でコーナードラマとして放送され、長く子どもたちの人気者となっていたが、2007年に番組内のトーマスのコーナーが放送されなくなった為、活躍はDVDでしか見れなくなっている。

紆余曲折を経ながら20年を超える長寿シリーズに成長し、男児向けキャラクターの定番として大量の商品が流通している。ビデオ/DVD化された番組自体をはじめ、絵本や玩具・日用品・衣料など、2007年現在で日本国内のきかんしゃトーマスのキャラクター商品の売上額は年間300億円に上る。また、エルトン・ジョンが自らのレーベル「ロケット・レコード」のイメージ・キャラクターに一時トーマスを使用していたりするところからも、人気のほどが窺える。

富士急ハイランド内にテレビシリーズ「きかんしゃトーマス」のミニテーマパーク「トーマスランド」が1998年に設置され今日まで連日子どもたちでにぎわっている。テレビシリーズの番外編として長編作品も制作され、2000年の1作目は劇場公開された。2005年の2作目はセルビデオのみの発売(日本語版未発売)。その後1作目は、NHKでテレビ放送されたが、劇場公開時と同じフジテレビでのキャスティングのままの吹き替えが使われた。2005年夏には、フジテレビのイベントの一部としてテレビシリーズのミュージカル版も公開された。


きかんしゃトーマスのクリスマス
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
めくるしかけがいっぱい!どこになにがかくれているのか、おはなしをよみながらさがしてみましょう。トーマスとなかまたちのオーナメントもついているよ!リボンをとおして、クリスマスツリーにかざってね。


クリスマスのほん
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
切手をはるとトーマスの絵本が送れます!


きかんしゃトーマスのクリスマスパーティー
トーマス大好きの二歳、三歳の子どものお気に入りです。赤いサンタ帽をかぶったトーマス達がとってもかわいいです。トーマスのお話の中でもこのお話しはいじわるな場面がなくみんなが助けあったりして、とてもいいと思います。








ミッキーマウスとクリスマス

ミッキーマウス (Mickey Mouse) は、ウォルト・ディズニーとアブ・アイワークスが生み出した、世界で(恐らく)最も有名なアニメのキャラクター。

ウォルト・ディズニーは、カンザスシティでスタジオを破産させてしまい、ニューヨークの配給会社チャールズ・ミンツの下で、パット・サリヴァンによる当時のヒットアニメ『フェリクス・ザ・キャット』のパクリのキャラクター、ジュリアス・ザ・キャットを用い、『アリス・コメディース』という実写合成ものの短編を作っていたが、サリヴァンによる再三の抗議のため、ミンツは、1927年、『オズワルド・ザ・ラッキーラビット』の製作への変更をディズニーへ指示する。ミンツによる大手ユニヴァーサルでの配給という成功に、ディズニーは、さっそく製作費の値上げを求めたが、翌1928年3月、交渉が決裂し、契約更新を拒否される。このため、ディズニー、アブ・アイワークス、ウィルフレッド・ジャクソンは、『オズワルド』の製作を継続しながら、別の作品の企画をしなければならなくなった。

「ディズニーは飼いならしたネズミをよく研究し、彼が醜いと思っていた耳・口・足などを大きくしポイントを付け1927年にミッキーマウスを考案した」という一般的な伝説は、架空の話である。ディズニー自身は主としてプロデューサーであり、アニメーターではない。前述のオズワルドやポール・テリーの『クレージー・キャット』を元にアブ・アイワークスがデザインしたものである。ウォルトは、育ての親として優れたプロデューサーであるが、アイワークスは、自分の作ったミッキーを奪ったとして、しだいに共同経営者のディズニーを嫌い憎み恨むようになる。当時のエジソンと同様、ディズニー本人には当初からオリジナリティはない。

ミッキーマウスの第一作は、リンドバーグにちなんだヒット作『フェリックスのノンストップ飛行』のパクリ、『飛行機狂』である。第二作は『ギャロッピング・ガウチョ』。どちらもサイレントで、配給ルートも得られず、まったく相手にされなかった。

1928年11月18日の第三作、アニメーション映画『蒸気船ウィリー』が、トーキー(トーキーアニメの最初のものではないが、メトロノームでコマを割る方法を用い、音楽と同期させた)で成功。当時はウォルト本人が声優を務めていた。その後、映画はシリーズ化され、ミッキーは人気となる。

ウォルトは元々ミッキーをモーティマーと名付けるつもりだったが、妻リリーの一声で現在の名前になった。その代わりにミッキーの恋のライバルであり、ミニーマウスの幼なじみとして、モーティマー・マウスが登場する。

恋人はミニーマウス。愛犬はプルート。あまり知られていないが、甥っ子にモーティーとフェルディーがいる。

デビュー当時のミッキーの性格は今に比べると短気・凶暴的な面が見られたが、子供の親からクレームを受けた為、今の温厚な性格に変化した。そのようなキャラクターはドナルドへ移っていったといえる。

ちなみに、東京ディズニーランドの「ミッキーの家とミートミッキー」では、蒸気船ウィリー、ファンタジア、ミッキーの大演奏会、ミッキーの夢物語の衣装に身を包んだミッキーに会うことが出来る。

1939年、「ミッキーの猟は楽し」より、キャラクターデザインが変更された。それまでのミッキーは黒目がちであったが、この変更により白目が付き、御馴染みの顔立ちとなる。これにより表情がより人間味が増している。しかし、従来の黒目のパイカットと呼ばれるデザインにも依然と人気がある。


ポップアップ ミッキー/すてきなクリスマス
コンピューター・グラフィックスによる3Dアニメーション作品で、ポップアップ(飛び出す)絵本のページをめくるたびに、クリスマスをテーマにしたお話が展開するという作りとなっている。


ミッキーのクリスマスがやってくる!
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ミッキーマウスは、ミニーにとくべつのクリスマスプレゼントをおくりたいとかんがえた。かいものへでかけたり、クッキーをやいたり、詩までかいたが、どれも、なっとくできない。でも、ついに、最高のプレゼントをおもいついたのだ。ミッキーのなかまたちが大かつやくする、ゆかいな、おはなし。各ページが立体シーンになっている。表紙と裏表紙をあわせて、リボンをむすぶと、たのしい、メリーゴーラウンドのかたちができあがる。


ディズニーストーリー全集 ◆プレゼントにも!!みんな大好き、ディズニーの名作を英語絵本で




ハローキティとクリスマス

ハローキティ(Hello Kitty)は、株式会社サンリオでデザインされたキャラクターグッズ用キャラクター群。

主人公、キティ・ホワイト(Kitty White)は、擬人化された白い子猫で、向かって右側の耳の付け根にリボン、またはそれに類する飾りをつけているのが特徴。サンリオを代表する長寿キャラクターである。通称は「キティちゃん」。

ハローキティに関する豆知識
ハローキティは、当時スヌーピーグッズを販売していた(現在も販売している)サンリオが、スヌーピーに対抗して自社オリジナルキャラクターを開発しようと生み出したキャラクターの一つである。最初のグッズであるプチパースはキティを含め6種類のキャラクターで発売されたが、キティのものだけが圧倒的に売れたという。
初期のグッズに描かれたキティは体が横向きで座っているが、ラフスケッチの段階では正面向きのものもあった。初代デザイナーの清水侑子が当時のアシスタントに正面向きと横向きのどちらがいいかを尋ねたところ、横向きのほうがシンボリックでいいと返答したので、横向きを採用したという。
キティがつけているリボンは、キティが生まれたときにママが双子を区別するため、キティの向かって右側の耳(左耳)とミミィの向かって左側の耳(右耳)にリボンをつけたのが最初という設定がある。
ハローキティに口がないのは、「口がない」のではなく、見ている人と感情を共有できるようにあえて「描かない」のであるが、アニメではそういうわけにもいかないので、口がある(ただし『ハローキティ りんごの森のファンタジー』では口がない)。
キティにはダニエルが登場する以前にも、一時期ボーイフレンドが存在していた。『いちご新聞』1980年1月1日号(115号)にて「恋人宣言」。ボーイフレンドの名前を読者公募したが、その後サンリオキャラクターとして定着することはなく消えた存在になった。
1986年には、ハローキティのファンクラブが結成された。


キティとダニエルのおどるサンタさんのひみつ
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
キティとミミィは、クリスマスにおじいちゃんとおばあちゃんをしょうたいすることにしました。キティは、ダニエルもさそいますが、ダニエルのようすがすこしへんで、キティはごきげんななめです。じつはダニエルは…。


ハローキティのはじめてのクリスマスケーキ
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
キティとミミィが、はじめてクリスマスケーキをつくりました。


ハローキティのおでかけメロディーえほん
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ご家族そろっての団欒のひとときや、おじいちゃんやおばあちゃん、あるいはおじさんやおばさん、またはお友だちの家でのホームパーティーなどで、みんなで歌って楽しめるクリスマス・ソング6曲が収録してあります。
【目次】(「BOOK」データベースより)
きよしこのよる/ジングルベル/あかはなのトナカイ/もろびとこぞりて/サンタがまちにやってくる/もみのき






アンパンマンとクリスマス

アンパンマンとは、やなせたかしが描く一連の絵本シリーズ。および同シリーズに登場する架空のキャラクターで、その主人公である。人の姿をしているが、大きな丸いあんパンの頭部を持ち、顔がついた赤い服を着て、茶色いマントを羽織る。

原型作品は、1968年に「PHP」誌に掲載された(大人向けの)読み物。このときは頭部も普通の人間で、ただし空腹の人のところにアンパンを届けるという骨子は同一だった。

1973年、これを発展させたキャラクターとして、あんパンでできた頭部を持つあんぱんまん(初期の作品ではひらがなで表記されており、デザインもやや異なっていた)が「キンダーおはなしえほん」(フレーベル館)10月号に登場した。

子供たちに絶大な人気を誇る国民的キャラクターの一つであり、絵本と共に「それいけ!アンパンマン」のタイトルでテレビアニメ化されているほか、アニメーション映画化、漫画化やゲーム化も多い。登場キャラクターが非常に多いのも特徴の一つで、2007年現在、全シリーズを合算すると、1500種類以上(変装も含めると2000種類以上)ものキャラクターが登場していると発表されており、その数は作者でさえも把握できないくらいである。

アンパンマンの誕生日は、やなせたかしの誕生日と同じ2月6日であると言われている。これはやなせが子供にアンパンマンの誕生日を聞かれ困ったときに自分の誕生日を言ったことに由来する。またアニメ放送開始日の10月3日が誕生日だとする説もある[1]。ただテレビアニメ版では、やなせ本人が「アンパンマンは架空の存在」と述べていることもあり、あえて誕生日は設定されていない。

また、1990年1月1日から1994年5月29日まで、「読売新聞日曜版」で漫画『とべ!アンパンマン』が連載されていた。 キャラクター等の頭は食べ物である事が多くそれらを粗末に扱う描写(アンパンマンの汚れた顔を新しい顔に入れ替えるシーン等)がよくあり、食べ物を粗末にしていると言う批判の声もある。


アンパンマンのクリスマス
サンタさんから2歳の娘へのプレゼント☆アンパンマンが大好きな子供はとっても気に入って『サンタさんからもらった!』と大喜びでした。実はアンパンマンが苦手なママもこの原画バージョンの絵本は可愛くって気に入りました☆
アンパンマンが大好きな2歳の娘に買いました。同じクリスマスのお話の「アンパンマンのサンタクロース」と迷いましたがこちらのお話の方が好きで(私の好みで)決めました。アニメじゃない原画のこのシリーズを集めたいです♪


アンパンマンのクリスマス・イブ
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
クリスマス・イブはたのしいクリスマスプレゼントのよるですね。でも、プレゼントをくばるサンタさんはとてもいそがしくてたいへんだとおもいます。キャンドルちゃんはもえるローソクのぼうしをかぶったおんなのこで、クリスマスのローソクをよういするかかり。さて、そのキャンドルちゃんもとうじょうするクリスマス・イブのおはなしです。アンパンマンはどんなかつやくをするのでしょうか。ページをめくるたびにワクワクドキドキしながらおたのしみください。
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
やなせたかし(ヤナセタカシ)
1919年(大正8年)2月6日、高知県に生まれる。東京高等工芸学校工芸図案科(現千葉大)卒業。三越宣伝部にグラフィックデザイナーとして勤務。1953年(昭和28年)退社、フリーとなる。1964年(昭和39年)より3年間、NHK「まんが学校」に先生として出演。1972年(昭和47)年月刊「詩とメルヘン」をサンリオより創刊。同年、「漫画家の絵本の会」を故手塚治虫氏等と結成。1973年(昭和48年)フレーベル館の月刊絵本「キンダーブック」に「アンパンマン」を掲載。以後、アンパンマンその他多数の絵本を出版(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


アンパンマンとメリークリスマス!
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アンパンマンといっしょにたのしいクリスマスを!とびらをひらけばたのしさいっぱい。アンパンマンからのクリスマスカード、アンパンマンのクリスマスストーリー、サンタさんのおてつだいゲーム、アンパンマンのコマストーリー、せかいのことばでクリスマスおめでとう!クリスマスってなあに?Q&Aコーナー。カバーを広げると2種類の大きなポスターに。









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。