サンタクロースカテゴリの記事一覧

クリスマス・イヴ

クリスマス・イヴ(英語: Christmas Eve)とは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イブ(Eve)」は「Evening(夜、晩)」の略である。転じて俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。12月23日のことを「クリスマス・イブイブ」、「イブイブ」と呼ぶ者もいるが、日本独特の表現である。


七虹 NKC−215 ブローライト クリスタルスノーマン  イルミネーション


なお、ユダヤ暦およびそれを継承する教会暦では、日没をもって日付の変り目とする。このため伝統的教会では、クリスマスイヴの日没からクリスマスを起算する。このような教会では、「クリスマス・イヴ」は既にクリスマスに含まれている。カトリックでは、クリスマスには夜半・早朝・日中の三回ミサを行うが、日本などでは夜半ミサを前にずらして24日夜に行うことがある。一方、プロテスタント一部教派では25日に日付が変わったときをもってクリスマスの開始とする。


【 クリスマスレスニー 】 (木製人形)
そーっと見守らせて・・・。
真っ赤なサンタクロースと、仲良しのトナカイ。それから、じ〜っと動きそうにない3色の帽子をかぶったスノーマン。
このクリスマスが幸せなものになるように、じっと見守っていてくれそう☆
クリスマスのアイドル。
サンタクロースとトナカイは、永遠のお友達。ずっと、そっと、見守っています。
スノーマン。
名わき役のスノーマンは、帽子の色が3色。赤・黒・黄色・・・。一つづつを並べてもかわいい♪

多くの国々では、クリスマスは家族で過ごす日とされている。多くの家庭では、居間にモミの木などを用いたクリスマスツリー、玄関にはクリスマス・リースを飾る。クリスマス・イヴにはクリスマスケーキ、鶏、鴨、七面鳥などを家族で囲んで食べる。また子供にとってはこの夜、サンタクロースがプレゼントを持って来てくれる嬉しい日となっている。

日本のクリスマスイブのパーティの記録は明治時代初期にも残っている。明治8年(1875年)に、中村敬宇の自宅に外国人の家族が集まってクリスマスイブを祝った。


ハワイアンクリスマス オーナメント ウィンドサーフィン
いい風を受けてそうですね^^
快調に飛ばす(?!)サンタクロース★
置いて飾ることが出来ます。高さ約8cm


LED★ミニミニクリスタル3Dトレイン
小型&省エネが魅力のLEDツララライト・LEDネットライト
LEDロープライト・LEDツリーライトから
用途に合わせた、ストレート・ロープ・カーテン・ネット・アイスクル。人気のサンタクロース・トナカイ・スノーマン・ベル・星・月・結晶のモチーフライトまで激安イルミネーションが勢ぞろい!






トナカイ

サンタクロースの乗る空飛ぶソリを引くトナカイは八頭おり、米国の大学教授クレメント・C・ムーア (Clement C. Moore)の詩「クリスマスのまえのばん」(The Night Before Christmas)によれば、それぞれ以下の名前である。

ダッシャー(Dasher)
ダンサー(Dancer)
プランサー(Prancer)
ヴィクセン(Vixen)
ドンダー(Donder)
ブリッツェン(Blitzen)
キューピッド(Cupid)
コメット(Comet)
またさらに、「赤鼻のトナカイ」の歌(原題:Rudolph The Red-Nosed Reindeer )に見られるようにルドルフと言う名のトナカイが彼らの先導役として先頭を走るとされている。


Winter Songs Of Memories / オルゴール



公認サンタクロース
グリーンランドに住む長老サンタクロースの補佐をする目的で、グリーンランド国際サンタクロース協会が1957年に設立された。グリーンランド国際サンタクロース協会が認定する公認サンタクロースは、現在世界に120人。クリスマスに自宅ですごすことができない子どもたちのため、クリスマスより一足早く福祉施設や小児病棟などを訪問する。

毎年7月、デンマークコペンハーゲンで世界サンタクロース会議が開かれている。公認サンタクロースは、自宅からサンタクロースの衣裳で参加することが義務づけられている。 毎年1月クリスマスが終わって10日後に公認サンタクロースがノルウェーに集結、サンタリンピック(サンタクロース冬季五輪)が開かれている。

世界規模で活躍している公認サンタクロースの存在が日本国内でも広まるに従って、フィンランドからやってくるサンタクロースが、フィンランド政府公認サンタクロース、フィンランドラップランド州知事公認サンタクロース、フィンランド商工会議所認定公認サンタクロースなどと、いずれも「公認サンタクロース」と急遽名乗っているが、グリーンランド国際サンタクロース協会の公認サンタクロースではない。

日本からは、1998年にマンボミュージシャンのパラダイス山元が公認サンタクロースになっている。(出典「サンタクロース、ライフ。」パラダイス山元著 ヤマハミュージックメディア刊)


オルゴール・セレクション クリスマス・ソング〜ポップス・ベスト〜


【Xmas】ブローライト・はしごサンタ4P・点滅コントローラー付★BL-HSC4P
柔らかい光がクリスマスを包む、ブローライトのクリスマスイルミネーション。
かわいらしいデザインのサンタが順番に点滅し、はしごを上っているように見えます。屋外でのイルミネーションを演出します。



サンタクロース

サンタクロース(英:Santa Claus)は、クリスマスの前の夜に良い子のもとへプレゼントを持って訪れるとされている伝説の人物。

日本では親しみを込めて「サンタさん」と呼ばれる。


WG-2457 ハンギングライトムーンサンタ(クリスマス)
かわいいです!この冬は外に出すのがもったいなかったので、
窓越しに飾りましたが立体的で本当に素敵でした。


4世紀頃の東ローマ帝国小アジアの司教、キリスト教の教父聖ニコラウスの伝説が起源である。

「ある日ニコラウスは、貧しさのあまり、三人の娘を嫁がせることの出来ない家の存在を知った。ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、屋根の上にある煙突から金貨を投げ入れる。このとき暖炉には靴下が下げられていたため、金貨は靴下の中に入っていたという。この金貨のおかげで娘の身売りを避けられた」という逸話が残されている。靴下の中にプレゼントを入れる風習も、ここから来ている。その後、1822年にニューヨークの神学者クレメント・クラーク・ムーアが病身の子供のために作った詩「聖ニコラウスの訪問」がきっかけとなり、このサンタクロース物語は全米中に広まった。

また、ニコラウスは学問の守護聖人として崇められており、アリウス異端と戦った偉大な教父でもあった。教会では聖人として列聖されているため、「聖(セント)・ニコラウス」という呼称が使われる。これをオランダ語にすると「シンタクラース」である。オランダでは14世紀頃から聖ニコラウスの命日の12月6日を「シンタクラース祭」として祝う慣習があった。その後、17世紀アメリカに植民したオランダ人が「サンタクロース」と伝え、サンタクロースの語源になったようだ。

東方正教会系の国では、サンタクロースは厳密にセント・ニコラウスであり、セント・ニコラウスの祝日は12月6日である。(聖名祝日の項目を参照)子供たちがこの日に枕元に靴下を吊るしておくと、翌朝に入っているのはお菓子である。12月25日はミサに行く日で、プレゼントはない。


高さ14,5cm ツリーを持った 白い キャンバス地のサンタ


みんなで ハッピー・クリスマス




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。