桑田佳祐

『白い恋人達』(しろいこいびとたち)は、桑田佳祐の7枚目のシングル。2001年10月24日発売。発売元はビクターTAISHITAレーベル。

前作「波乗りジョニー」から続くコカ・コーラNo Reasonキャンペーンソング。サザン本体同様、夏のイメージが強い桑田佳祐のソロでは初となる冬をイメージした曲。タイアップの影響や前作のヒットもあり、現時点で桑田佳祐のソロシングルとしては最大の売上となっている。桑田関連のソロ企画としては桑田佳祐&Mr.Children名義の「奇跡の地球」が最大となる。

ジャケットは桑田がピアノに手を当てる姿が映されており、「Kuwata Keisuke White Love」という文字が表記されている。PVにはフジテレビ系音楽バラエティ『桑田佳祐の音楽寅さん〜MUSIC TIGER〜』で共演しているユースケ・サンタマリアと、番組の打ち上げ席で、放送作家のおちまさとがたまたま遭遇し、誘ったことから、ウッチャンナンチャンの内村光良が出演していることも話題となった。ちなみに内村はサザンのファンでもある。

ジャケットやPVや歌番組では桑田がピアノを弾く姿が印象的であるが、実際曲中でピアノを弾いているのは原由子である。本作収録曲は、コンセプトの違いからか翌年のアルバム『ROCK AND ROLL HERO』には収録されず、ベストアルバム『TOP OF THE POPS』に収録されている。

本作は関口和之がプロデュースするサザンのカバーアルバム『World Hits!? of Southern All Stars』との同時発売となり、購入特典なども登場したことも話題となった。

白い恋人達
(作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 弦&管編曲:島健)
前作や自身のイメージを覆すいわば冬の定番曲。歌詞の内容もそういったイメージで書かれており、セールスも高かった。タイトルの元ネタは映画「白い恋人たち」であると桑田は語っており、同映画を映画館で鑑賞した帰りの電車の中で生まれた曲である。なお、石屋製菓より「白い恋人」という製菓が発売されているのは有名だが、北海道のお土産屋で「白い恋人」が売られているコーナーでは、この曲が繰り返し流されていることが多い。現在でもクリスマスソングとして認知されている節もあるが、実際にクリスマスをイメージさせる歌詞は1小節程度であることから、桑田は「クリスマスソング」というのを意識せずこの曲を作ったものと考えられ、コカ・コーラのクリスマスキャンペーンソングとして起用されたことが、世間一般にそのようなイメージを植え付けた理由とも言える。なお、ユースケ・サンタマリアと内村光良も出演したPVは、2002年のDVD『桑田佳祐ビデオクリップス2001〜2002 D.V.D. WONDER WEAR』に収録された。『TOP OF THE POPS』にはリマスタリングが施され収録された。


ベストヒットVol.11 【クリスタルCD】
全ての曲がオルゴールとクリスタルの美しい響きで表現されています。透明感のあるクリスタルサウンドが心を優しく癒してくれます。


ピアノ・インテリア 桑田佳祐作品集 / 平野孝幸


サザンオールスターズ/Inside Outside U・M・I


桑田佳祐全曲集
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「波乗りジョニー」を含む全34曲を完全収録。
【目次】(「BOOK」データベースより)
哀しみのプリズナー/今でも君を愛してる/路傍の家にて/Dear Boys/いつか何処かで(I feel the echo)/ハートに無礼美人(Get out of my Chevvy)/Big Blonde Boy/Blue〜こんな夜には踊れない/遠い街角(The wanderin’street)/悲しい気持ち(Just a man in love)〔ほか〕





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。