クリスマスキャロルの頃には

クリスマスキャロルの頃には(クリスマスキャロルのころには)は、日本の歌手、稲垣潤一の代表的な楽曲であり、最大のヒット曲。カヴァーも含め幾度かにわたってシングル(8cm盤、12cm盤)が発売されている。

クリスマスソングにカテゴライズされているが、歌詞からもわかるように、クリスマスまで想いを寄せる人と離れている男が主人公の、ドラマティックな楽曲。滝廉太郎の「お正月」のクリスマス版という感じである。
最初に発売されたのは、1992年10月28日で、TBS系テレビドラマ「ホームワーク」の主題歌として起用された。そのため、「突然バラエティー速報!!COUNT DOWN100(TBS)」のランキングVTRでは、稲垣潤一の他に、唐沢寿明・清水美砂・福山雅治・浦江アキコが出演(ドラマの映像を使用)となっている。
発売週のオリコンシングルチャートでは3位だったが、2週目に1位を獲得。1週崩落するが、3週連続を含む通算4週間1位を記録。「突然バラエティー速報!!COUNT DOWN100(TBS)」では、カールスモーキー石井・松任谷由実「愛のWAVE」が、2社(Sony Records、東芝EMI)から発売で、集計しにくいのでランクインしなかったため5週連続1位となった。
最終的に日本レコード協会、オリコンともにミリオンセラーの売り上げを達成。
稲垣自身、1982年に「ドラマティック・レイン」がヒット(オリコン集計で約30万枚)して以降、目立ったヒット作がなかったため、本作で一発屋の汚名を振り払った形となる。ただし、前年には『メリークリスマスが言えない』がオリコンチャートTOP10入りを果たすスマッシュヒットになっている。
オリジナル盤の発売から約1年後、c/w曲を変更し再発。
アルバム収録は、1992年12月2日発売の「ON TELEVISION(ON TV、ドラマ主題歌・TVCM起用曲特集盤)」などベスト盤のみ。翌1993年3月24日発売の13thオリジナルアルバム「for my DEAREST」には収録されていない。
2007年11月14日、Waterが同曲のカバーをすることが発表された。


稲垣潤一/SKETCH OF HEART(CD)


稲垣潤一/プラチナ・アストロノーツ(CD)
platinum astronaut
デビュー20周年(2002年当時)の稲垣潤一の、1980年代から築き上げた`夏男・稲垣`を再認識させるシングル。C/WはTV:山形さくらんぼテレビ年間キャンペーン・ソング(2002年4月〜2003年3月)「アリノママ」、「夏のクラクション」のニュー・バージョンを収録。 (C)RS


クリスマスにラブソングを
松田聖子、稲垣潤一、浜田省吾、槇原敬之、EPO、佐野元春・・・。心くすぐるウィンターソング、クリスマスソングの中から、ラブソングに限定して名曲中の名曲ばかりをコンパイルしたアルバム。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。