アヴェ・マリア

アヴェ・マリア (Ave Maria) は、ラテン語で直訳すると「こんにちは、マリア」または「おめでとう、マリア」を意味する言葉。転じて、この一文にはじまるキリスト教(特にローマ・カトリック)の聖母マリアへの祈祷を指す。この祈りは教会によって伝えられるが、典礼行為ではなく、私的な信心業として伝わるものである。

この祈祷のための教会音楽や、祈祷文を歌詞にした音楽作品なども意味し、例えばグレゴリオ聖歌の他、ジョスカン・デ・プレ、ビクトリア、グノー(J.S.バッハ《平均律クラヴィーア曲集第1巻》の前奏曲ハ長調を伴奏に借用)やロッシーニのものなど、枚挙にいとまが無い。また、アルカデルトやシューベルトのように、もともと世俗曲でありながら、後世に「アヴェ・マリア」として通用するようになった楽曲も存在する。

なお東方正教会でも同種の祈祷文を用いるが、共通するのは冒頭部だけであり、その典礼文は若干異なる。


(オムニバス) ハッピー・メリークリスマス(CD)
MERRY CHRISTAMAS BEST SONG
速水けんたろう、神崎ゆう子、坂田おさむ他による「あかはなのトナカイ」「ジングルベル」「サンタがまちにやってくる」他、クリスマスソングの16曲入りアルバム。 (C)RS
子供のために購入♪商品が届いてからツリーの前にコンポを設置。帰ってくると自分から音楽を再生してました。対応も早く、大満足でした♪


ピアノレッスンでもひける ちびっこサンタとメリークリスマス 子供達の大好きな曲が満載 加賀美江編


天童よしみ〜クリスマスソング・LOVE〜
ディナー・ショーでクリスマス・ソングを歌った際にファンから要望の強かった企画がついに実現。オリジナル楽曲やパーティ・ヴァージョンの収録で、またとない楽しいアルバムが完成した。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。