もろびとこぞりて

クリスマスの音楽一覧(クリスマスのおんがくいちらん)は世界の国々でクリスマスという行事の際に聖歌隊や合唱団などによって歌われる楽曲の一覧。また、クリスマスをテーマ・舞台にした楽曲の一覧。童謡なども含む。サンタクロースを主題とした楽曲も、ここで挙げる。

もろびとこぞりては、欧米の有名クリスマス・キャロル「民みな喜べ」(原題:Joy to the World! the Lord is come)と同曲に、別詞(原題:Hark the glad sound! the Saviour comes)の訳詞を載せた、日本のポピュラーなクリスマス讃美歌。

「もろびとこぞりて」の曲であるチューンネーム「アンテオケ」は、欧米ではJoy to the World!の詞で歌われる事が普通である。しかし欧米ではもともと讃美歌の曲と詞の結びつきはさして強固ではなく、ミーター(音律)が合致すれば同詞を別曲で歌う事は普通に行われていた。

そのため、日本で大正12年に発行された歌集「讃美歌」では第57番にHark the glad sound!の訳詞「もろびとこぞりて」にチューンネーム「アンテオケ」の曲を合わせた譜、第58番にJoy to the World!の訳詞「たみみなよろこべ」にチューンネーム「ウィンチェスターオールド」の曲を合わせた譜を「アンテオケ」でも歌える事を注に示しつつ、見開きで掲載した。しかし、日本では歌詞と曲を任意に組み合わせる文化が定着せず、本来は組み合わせ例の一つに過ぎなかったはずの掲載譜が支配力を持ってしまった。また「たみみなよろこべ」を讃美歌として変則的に長いアンテオケで歌うには掲載詞に対し繰返し部を作成する操作が必要だったため、それは殆ど行われなかった(「もろびとこぞりて」はその操作を為したものをベタで掲載していた)。こうしてアンテオケは「もろびとこぞりて」の専用曲として認知されていき、殆ど歌われなかった「たみみなよろこべ」は昭和6年の讃美歌改訂で日本の讃美歌集から消えてしまった。しかし、1958年発行の「聖歌」では、第122番に中田羽後訳による、Joy to the World!のアンテオケ合わせた訳詞「たみみなよろこべ」が収録された。それは、2002年発行の「聖歌」(総合版)第70番に引き継がれた。こうして、世界的に最も有名なクリスマスキャロルの一つであるこの曲は、日本では諸外国とは別の内容の歌詞で歌われていたが、聖歌・聖歌(総合版)には諸外国と同一の歌詞が採用され、同一の歌詞でも歌われることになった。


シンコーミュージック ヴァイオリン楽譜 ヴァイオリン名曲集クリスマス名曲選


オムニバス/サイバートランス・プレゼンツ・クリスマス・トランス・ノンストップ・ミ
商品説明:世界の一流トランス・クリエイターを抱える人気シリーズのクリスマス企画盤。賛美歌などのスタンダード曲から広瀬広美の「promise」といった人気ポップスまでをトランスでカヴァー。ヴァラエティ豊かな仕上がりだ。


クリスマスソング CD2枚組【賛美歌名曲集】






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。