きかんしゃトーマス

きかんしゃトーマス(Thomas and Friends)は、イギリス制作のミニチュア・ワークを取り入れた幼児向けの人形劇[1]テレビ番組。2002年ごろまでは、Thomas the Tank Engine and Friendsが正式なタイトルだった。日本語版は一貫して「きかんしゃトーマス」と称してきた。

イギリスで1984年にテレビシリーズとしてスタートした。日本では、1990年から、フジテレビ系列の『ひらけ!ポンキッキ(→ポンキッキーズ→ポンキッキーズ21→ポンキッキーズ→ポンキッキ)』、およびフジテレビ721『チルドレンタイム』、BSフジ『トーマスくらぶ』でコーナードラマとして放送され、長く子どもたちの人気者となっていたが、2007年に番組内のトーマスのコーナーが放送されなくなった為、活躍はDVDでしか見れなくなっている。

紆余曲折を経ながら20年を超える長寿シリーズに成長し、男児向けキャラクターの定番として大量の商品が流通している。ビデオ/DVD化された番組自体をはじめ、絵本や玩具・日用品・衣料など、2007年現在で日本国内のきかんしゃトーマスのキャラクター商品の売上額は年間300億円に上る。また、エルトン・ジョンが自らのレーベル「ロケット・レコード」のイメージ・キャラクターに一時トーマスを使用していたりするところからも、人気のほどが窺える。

富士急ハイランド内にテレビシリーズ「きかんしゃトーマス」のミニテーマパーク「トーマスランド」が1998年に設置され今日まで連日子どもたちでにぎわっている。テレビシリーズの番外編として長編作品も制作され、2000年の1作目は劇場公開された。2005年の2作目はセルビデオのみの発売(日本語版未発売)。その後1作目は、NHKでテレビ放送されたが、劇場公開時と同じフジテレビでのキャスティングのままの吹き替えが使われた。2005年夏には、フジテレビのイベントの一部としてテレビシリーズのミュージカル版も公開された。


きかんしゃトーマスのクリスマス
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
めくるしかけがいっぱい!どこになにがかくれているのか、おはなしをよみながらさがしてみましょう。トーマスとなかまたちのオーナメントもついているよ!リボンをとおして、クリスマスツリーにかざってね。


クリスマスのほん
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
切手をはるとトーマスの絵本が送れます!


きかんしゃトーマスのクリスマスパーティー
トーマス大好きの二歳、三歳の子どものお気に入りです。赤いサンタ帽をかぶったトーマス達がとってもかわいいです。トーマスのお話の中でもこのお話しはいじわるな場面がなくみんなが助けあったりして、とてもいいと思います。









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。