きらきらフェスティバル

きらきらフェスティバルは、長崎県佐世保市の中心市街地等において毎年11月中旬から12月25日前後にかけて開催されているイルミネーションイベントである。通称は「きらきらフェスタ」、「きらフェス」。

1996年、翌年に市内最大規模の郊外型ショッピングセンターであるジャスコシティ大塔の開店を控える中で、四ヶ町商店街の若手経営者が中心となり「市中心街に賑わいを作り出すこと」を目的として始まった。もともと年末年始の時期に初売り以外に大きなイベントがなかったこともあり、この時期の風物詩として定着している。近年では佐世保バーガーや九十九島カキ等の食を楽しむイベントとしての性格も加えるようになってきている。

2006年現在、さるくシティ4○3(四ヶ町商店街、佐世保玉屋、三ヶ町商店街の総称)と隣接する島瀬公園をメイン会場として、約100万個の電飾が飾りつけられている。この費用は「きらきら応援団」と称する一般市民からの募金を受け付ける(1口1,000円)こと等により賄われている。

祭りの期間は前記の通りおおむね12月25日前後までだが、イルミネーションはその後も翌年1月上旬頃まで点灯されている。また、主催者が別ではあるが、期間中に、佐世保市郊外のハウステンボスでは「光の街」と称したライトアップが行われ、佐世保港では停泊する海上自衛隊の艦船が夜間に電飾艦飾で鮮やかに彩られる。これらの同フェスティバル外のイルミネーションを加えると全体で約200万個以上の明りが飾り付けられていることになる。

主催者によるイベントのうち主なものは以下の通り。いずれも島瀬公園かさるくシティ4○3アーケード内で行われる。日付は2006年のもの。

点灯式 - 11月17日午後6時。
きらきらチャリティ大パーティ - 12月6日。直線距離では日本最長のさるくシティ4○3アーケードに机を一列に並べて開催される。参加者約5,000人。
きらきらウェディング - 12月10日。市民立会いのもと行われる人前結婚式。
きらきらよさこい - 12月16日。YOSAKOIさせぼ祭り出場チームの一部による演舞がある。
きらきらミュージックフェア&市民で歌う歓びの歌 - 12月17日。地元バンド等の演奏と、市内合唱団と市民による第九(歓喜の歌)の合唱が行われる。
キャンドルを灯そう - 12月24日。
クリスマスの佐世保に雪が降る - 12月25日。島瀬公園に人工雪を積もらせた子供向け遊び場を作る。なお、佐世保では積雪が自然に生じることは一冬に二、三度程度しかない。
この他、島瀬公園には期間中佐世保バーガー等の出店が並ぶ。


アルプス乙女
栃木のりんごは、産地より10日開花が早くて、収穫は10日遅い!
木に実っている期間が長いので、完熟度が増しおいしいのです。
さらに、大森果樹園のりんごは低農薬りんご。収穫1ヶ月前は農薬を
散布しません。
5種類の害虫を予防するコンフュザーAを取り付け、殺虫剤を半分以下に抑えました。
この25年間毎年堆肥を投入し、安全安心にこだわったりんごづくりをしています。


数量限定!季節の特選フルーツ詰合せ
旬の果物を丁寧にひとつひとつお詰めします♪
あったかい気持ちを豪華な贈り物と一緒にお届け!






愛妻のカレーチャーハン

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。