焼酎

クリスマスに焼酎はどうですか。クリスマスには焼酎は似合わないと思う方もいるかも知れませんが、意外とさっぱりしていて良いかも。
また焼酎は日本にクリスマスを伝えたフランシスコ・ザビエルが愛飲していたという話も残っているので決してクリスマスと焼酎が関係ないとは言い切れませんね。


【薩摩酒造】さつま白波 900ml
「おいしいと思う芋焼酎」ランキング8位
原料イモに南薩摩産の黄金千貫100%を使用し焼酎造りの伝統製法を受け継ぐ黒瀬の杜氏が精魂込めて仕込んだ芳醇な香りと深い味わいの本格焼酎の原点といえる焼酎。


各種蒸留酒の総称となる。中国・韓国語では「燒酒」と表記される。
日本国内では文献記録で確認できる限り、少なくとも16世紀頃から焼酎が造られていたと見られている。例えば1549年に薩摩国に上陸した宣教師フランシスコ・ザビエルは、当時の日本人が蒸留酒を常飲していたことを記録に残している。

また、鹿児島県大口市の郡山八幡神社には、永禄2年(1559年)に補修が行われた際に大工が残した「焼酎もおごってくれないけちな施主だ」という内容の落書きが伝わっており、焼酎の飲用について日本国内に残存する最も古い文献となっている[1]。

その初期から江戸期に至るまでの焼酎は、製造に単式蒸留器を用いており、現代の法体系でいうところの「焼酎乙類」に限られていた。

明治になり、イギリスから連続式蒸留機が輸入され、高純度アルコールが安価に大量生産できるようになった。これに加水したものが「新式焼酎」として広まり、対して在来の焼酎は「旧式焼酎」と呼ばれるようになる。

その後、酒税法で「新式焼酎」にあたる「焼酎甲類」と、在来焼酎にあたる「焼酎乙類」の区分が制定された。


「麦焼酎 とっぱい」の蔵元 『南酒造』飲み比べ 2本詰合せ
小さな蔵元がこだわりを持って仕込む「麦焼酎 とっぱい」の蔵元「南酒造」の2本詰め合わせです。
「とっぱい」は、「手造り麹」「低温発酵」「三段仕込み」と手間隙かけて造られる南酒造の看板焼酎。
「喜納屋」は、「とっぱい」で花開いた味わいのさらに上を目指し、厳選した上質な醪だけを常圧蒸留し、最小限の濾過のみで仕上げた贅沢な麦焼酎です。


桐箱入り プレミア焼酎「魔王」 720ml
白玉酒造。熟成酒。天使を誘惑し魔界への最高の酒を調達する悪魔達によって、もたらされた特別のお酒という意味で命名されました。飲み飽きない穏やかな風味。まさに名門の粋。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。