日本酒

クリスマスの夕食に美味しい日本酒はいかがでしょうか。今年とれたお米で作られた素敵な日本酒を紹介します。


上げ馬 地酒1800mlギフトセット

日本酒(にほんしゅ)は、米を発酵させて作るアルコール飲料で、日本の伝統的なアルコール飲料の一つである。日本の酒税法上では清酒(せいしゅ)、日本では、一般には単に酒(さけ)またはお酒(おさけ)、日本古語では酒々(ささ)、僧侶の隠語で般若湯(はんにゃとう)、現代の学生言葉では「ポン酒」などと呼ばれる。

摂氏約5℃から約60℃まで幅広い飲用温度帯がある(参照:#温度の表現(飲用温度))。同じアルコール飲料を同じ土地で異なった温度で味わうのを常としているのは、世界的に見て日本酒だけである。また日本酒は米を米麹で醸す唯一の酒であり、醸造学的にも並行複発酵で造る特異な飲料である。ただし、並行複発酵そのものは中国の紹興酒に代表される黄酒や韓国のマッコリなど、アルコール発酵に必要な糖を含まない穀物を原料にした醸造酒には一般的な発酵である。

料理で魚介類の臭み消しや香り付けなどの調味料としても使用される。

近年、日本での消費は減退傾向にある一方、アメリカ・フランスを中心として日本酒、とくに吟醸酒のブームが起こっている。


京ひな 七星剣 1800ml
大吟醸酒
精米歩合35%の大吟醸です。
しっかりとしたコクを重視し、深い味わいが余韻を残します。
これぞ日本酒といった重厚感のあるお酒です。
●相性の良い料理は、お刺身・ホタテ貝のバター炒め・
サバの味噌煮・酢豚・焼き鳥・などによく合います。


吟醸酒・純米吟醸酒
精米歩合60パーセント以下の白米、米麹および水を原料とし、吟味して製造した清酒で、固有の香味及び色沢が良好なもの。低温で長時間かけて発酵させて造る。吟醸香と呼ばれる、リンゴやバナナを思わせる華やかな香りを特徴とする。最後に吟醸香を引き出すために使用する白米1トンにつき120リットル(重量比でおよそ1/10)以下の醸造アルコールを添加する。

吟醸酒のうち、精米歩合60パーセント以下の白米、米麹及び水のみを原料とするものを特に純米吟醸酒と言う。一般に、他の吟醸酒に比べて穏やかな香りである。

よく「吟醸系(の酒)」と表現される場合は、これら吟醸酒・純米吟醸酒・大吟醸酒・純米大吟醸酒・山廃吟醸酒など、吟醸香を持つ酒すべてをグループ化して意味している。

1920年代から開発が着手され、1930年代の精米技術の向上と、1970年代の温度管理技術の進歩に促されて、しだいに一般市場に出回るだけの生産量が確保できるようになった。吟醸酒が日本国内の市場に流通するようになったのは1980年代以降であり、2000年代以降では日本国外でも需要が高まっている。


羽陽男山 大吟醸 壷天1.8L
淡麗な酒質で、辛口の味と華やかな芳香が特徴です。香味のバランスがとれた、飽きのこないすっきりとした含みと、程よいお米の旨味を感じる上品な大吟醸酒です。
綺麗な味に奥行きのあるやわらかい旨さを加えた、口当たりの良い飲みやすい味わいをお楽しみいただけます。日本酒通には堪らない逸品です。男山酒造伝統の技を存分に活かした大吟醸「壷天」をぜひご賞味ください。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。