オムレツ

クリスマスの夕食にオムレツはいかがですか。
それも今回はカレー味のオムレツです。きっと喜ばれると思いますよ。


焼くだけ簡単! 半熟とろとろチキンオムレツの具 (冷凍便発送)
[ 1 ]チキンオムレツの具を解凍し温めます。卵2個も用意。
[ 2 ]フライパンを温めバターをとかし、溶き卵を流し込んだら全体が均一な半熟状態になるように、大きく混ぜて下さい。
[ 3 ]チキンオムレツの具を半熟状態のたまごの中央にのせて、形を整えれば完成。
[ ワンポイントアドバイス ]
フライパンは小さめの方が形を整えやすいのです。卵を溶くときチキンオムレツの具を混ぜ込んでもOK!卵を増やせば大きな大きなオムレツになります。

さつまいも入りカレーオムレツ
さつまいもでボリュームたっぷり!
材料:1人分
材料 分量
卵 2個
さつまいもの煮物 4分の1本分
玉ねぎ 4分の1個分
カレー粉 小さじ1

作り方:
1 玉ねぎはみじん切りにする。さつまいもの煮物は1センチ角ぐらいに切る。
2 卵を溶いて、さつまいも、カレー粉、塩コショウ少々を入れてよく混ぜる。
3 フライパンを熱し、玉ねぎを炒め、2の卵を入れてオムレツを作る。

メモ(コツ、ポイント):
さつまいもの煮物というのは、さつまいもを砂糖としょうゆ少々で煮たものです。なければチンして軟らかくしておいてください。

オムレツ(omeletteまたはomelet)とは、代表的な卵料理で、鶏卵を溶いて、塩・胡椒などで味付けをし、フライパンにバターをひいて手早く焼いたもの。卵焼きと違い、多くは木の葉型で丸く盛り上がった形をしている。食材も作り方も非常に単純であるため、世界中どこの国でも一般に作られている。
中にハム、チーズ、玉ねぎなどを入れて焼いたり、混ぜて焼いたりすることもある。日本では家庭料理の主菜として、ひき肉とたまねぎのみじん切りを炒めたものを包むのが定番であった。

一方、具材を何も入れずに卵に味付けしただけのものは、プレーンオムレツと呼ばれる。

フランスのモン・サン=ミシェルではオムレツ(スフレリーヌ)が名物料理である。モン・サン=ミシェルのオムレツはホイップクリームのように泡立てて焼くため、とてもふんわりと焼きあがる。また、味付けも甘く作られている。

オムレツの中身としてチキンライスを入れたものは「オムライス」と呼ばれる。同様にソース焼きそばを入れたものは「オムそば」と呼ばれる。これらは、いずれも日本で考案された料理である。

スパニッシュオムレツ(スペイン風オムレツ)は、鉄鍋などにたっぷりの具と卵を入れて、ひっくり返すことなく、じっくりと焼き上げた厚焼き卵であり、切り分けて出すもので、オムレツと付いても見かけは異なる。

中国では、鍋料理の具のひとつとして、卵を薄く焼いた皮で挽肉などを包んだ「蛋餃子」(タンジャオズ、dànjiǎozi)という餃子の一種があるが、ミニサイズのオムレツと見ることもできる。


キューピー(スノーマン) とろっと名人 ひらけオムレツ 120g<冷凍品>
あの「ぱかとろ」オムレツがご自宅で簡単に食べられます!!
温めても半熟状で、切れ目を入れると中から"とろ〜り"半熟たまごが出てきます!!
湯せんや電子レンジで簡単調理!!オススメです!!


トロッと名人開けオムレツ
レンジでチンするだけで、あの食べてみたかったオムレツがお楽しみいただけます。
しかも!こちらの商品のすごいところは…レンジでチンした後、時間がたっても固まりません!






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。