ドイツ・クリスマスマーケット

ドイツ・クリスマスマーケット(Deutscher Weihnachtsmarkt Osaka)は、大阪市の梅田スカイビルの1階広場で行われるイベント。「ドイツ・クリスマスマーケット大阪」とも。

梅田スカイビルに入居するドイツ総領事館が主催の、ドイツのクリスマスを味わえるイベント。毎年、11月中旬から12月25日まで開催される。

1階広場「ワンダースクエア」に、世界最大級のクリスマスツリー、世界に4つしかない木製のアンティークメリーゴーランド、ドイツの屋台「ヒュッテ」が出店され、ドイツのクリスマスグッズやワインやソーセージなどの食べ物が販売される。

梅田スカイビル(うめだスカイビル)は、大阪府大阪市北区の新梅田シティ内にある高層ビル。地上40階・地下2階、高さ約173m。1993年3月に完成した。設計は原広司。その独特の形状により、大阪のランドマーク的な観光名所となっている。

タワーイースト(東棟)、タワーウエスト(西棟)の2棟で構成され、円形状の空中庭園展望台を頂部で連結するように設置した構造が特徴である。これにより、地震・風振動に対する安定性が強化されている。この空中庭園は地上で組み立ててからワイヤーロープでつり上げる「リフトアップ工法」で施工された[1]。またイースト・ウエスト両棟を行き来するため、22階に連絡通路が設けられている。

ビル最上部からは梅田を中心とした大阪の町並みが一望できる。タワーイーストにはシネ・リーブル梅田(3階)と梅田ガーデンシネマ(4階)の映画館2館がある。建築主の積水ハウスもタワーイースト内に本社を置く。タワーウエストの上層階は、東芝関西支社をはじめとする東芝グループ企業の事務所が大半を占めている。またメキシコ領事館、ドイツ総領事館が入居していることから、1階広場「ワンダースクエア」で各領事館主催の祭りが例年開催される(フィエスタ・メヒカナ、ドイツ・クリスマスマーケット)。地下1階は昭和初期の町並みを再現した飲食店街「滝見小路」である。

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、ビルの外壁にヒビが入るなどの被害が出た。

梅田スカイビル・空中庭園展望台のマスコットキャラクターは「そらら」で、2006年6月10日に初披露。同ビルに親しみを持ってもらおうと企画され、2005年秋から2006年1月まで公募、422点から選ばれた。「そらら」は梅田スカイビルが完成した1993年生まれという設定。姿は虹・雲を模しており、帽子は展望台を模している。2本の足は2棟あるビルを表している。ちなみに、京都タワーのマスコットである「たわわ」ちゃんと仲良しらしい。

ビル固有の郵便番号はタワーイーストが531-60xx、タワーウエストが531-61xx(xxは階層)。


バカラ 置物 クリスマスツリー マウンテン 2101700
ツリーを飾るのは面倒でもいくつになってもクリスマスのムードは楽しみたいものです。
キャンドルの灯りにバカラのツリーが煌めく大人のイブにいかがですか。
ブランドボックス付きです。
ふだんの置物としてもステキです。


【香合】香合 クリスマスツリー


素焼き貯金箱 サンタクロース





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。