日本のクリスマスは山口から

日本のクリスマスは山口から は、日本で初めて山口県山口市でクリスマスを祝う行事が行われた事を記念して行われているイベント。

発祥の由来
1551年に山口の地でフランシスコ・ザビエルがキリスト教の布教活動を行ったのが山口でキリスト教が広まるきっかけとなった。翌年の12月9日(陽暦の12月24日)には山口の宣教師コメス・デ・トルレスらが司祭館に日本人信徒を招いた。そして、宣教師らによって賛美歌が歌われ、クリスマスが祝われたのが、日本でクリスマスが祝われた始まりとされている。

「日本のクリスマスは山口から」
1998年4月に、山口市にある山口サビエル記念聖堂が落成したことに先駆けて、その前年の1997年12月に完成記念プレイベントとして『「日本のクリスマスは山口から」フェスタ』が行われたのが始まりである。

1999年、 日本のクリスマス発祥の地のシンボルとして山口市一の坂川沿い(中河原)のイベントスペース『クリエイティブスペース赤れんが』前にもみの木が植樹され、以後はこのもみの木とその周辺にイルミネーションが飾り付けられ、各種イベントが行われている。


ラストクリスマス ザ・コンプリート・コレクション
主演・織田裕二が歌う主題歌『Wake Me Up Go Go!』を筆頭に
80年代洋楽ヒット満載のオリジナルTVサウンドトラック


これぞ「クリスマスツリー」! ゴージャスなゴールド&アイボリーカラー
ゴールドのオーナメントにゴールドのモールやリボンをあしらったゴージャスなタイプのクリスマスツリーです。
一見派手に思われますが、統一性のあるカラーでグリーンのツリーによく合います。また、ホワイトタイプのツリーもご用意しました。
ホワイトゴールドのリボンがアクセントです。
クリアライトを点灯すると反射してとても綺麗に輝きます。
こちらのオーナメントタイプのみ、白色のツリー(ホワイトスリムツリー)をご用意しています。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。