クリスマスプレゼント

クリスマスプレゼントとは、年末のクリスマスシーズンにおいて親しい人などに贈られるプレゼントのこと。日本でも、もともと年末のお歳暮の習慣があったため、贈り物の習慣として抵抗なく受け入れられた。

日本のクリスマスプレゼントの習慣は、明治時代に始まる。1906年(明治39年)12月18日付の読売新聞は、救世軍による「貧しい人々へのクリスマスプレゼント」について報じた。籠に果物やパン・菓子・玩具などを詰め込んだものを、3万人を越える貧民に手渡したものである。同新聞には、「我が国にありては今回を以って始めとする由」と記されている。当時、ニューヨークで行われるような貧民への大規模なプレゼント作戦を目標としていた。

大正時代になると、クリスマスプレゼントの習慣は、すっかり人々の生活の中に根をおろした。1923年(大正12年)12月3日の東京日日新聞は、「Xマス近かづく」との見出しの記事において「坊ちゃん嬢ちゃんに歓迎されるクリスマス・プレゼントは、年々盛んになるばかりだ。」と報じている。当時、盛んに交わされていたクリスマスプレゼントは下記のようなものであった。

サンタクロース人形
電気が灯るクリスマスの飾り付けをした家
タイプライター玩具
文房具
レターセット
ミルクチョコレート


Hawaiian Gold Jewelry リング ピンクトルマリン&ブルートパーズ入り
地金は14金イエローゴールドに、ピンクトルマリンとブルートパーズを使ったリング。
Lani=天国 の刻印入り


神秘的に輝く黒真珠をPt 黒真珠リング サイドダイヤモンド


永遠の感謝を誕生石に込めて。( 2月誕生石 ) K18ホワイトゴールドアメジスト・ダイヤモンドリング
10年、20年、30年、40年とお二人で歩んできた人生の記念日に奥様への永遠の感謝の気持ちを刻んで贈るバースデーギフト。
最高の宝石ダイヤモンドと誕生石。
二つの輪が重なり合うことで、永遠に変わらないご夫婦の心の結びつきを表現した特別なジュエリーです。
おふたりの新しい出発を記念して永遠に耀きつづけるジュエリーを奥様に贈りませんか。
2月の誕生石(アメジスト)






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。