ローストチキン

ローストチキン(英: roast chicken )は、ニワトリを丸ごと焼いた料理。肉料理のひとつ。

オーブンやグリルで焼いたもの、串に刺して焙り焼きにしたもの、専用の焼き機(ロースター)で焼いたものなど調理法としてはさまざまである。またダッチオーブン(野外料理用の重厚な鉄鍋)を使って作る方法もある。

丸焼きであるため旨味が逃げにくく、皮の焼けた香味も加わる。

オーブンで焼く場合には、中抜きした鶏に食塩、コショウ、ニンニク、ローズマリーなどを擦り込んで下味をつけ、内部に野菜類や小さく切ったパンなど(スタッフィングまたはドレッシングという)を詰めた後に脚をタコ糸などで縫って形を整え、あらかじめ表面に油を塗っておく。オーブンの天板に鶏肉とともにタマネギやニンジンなどの野菜類をのせ、水分と香味を補いながら、均一な焼き色がつくように焼き上げる。焼いている途中に、鶏の表面(特に胸肉)が乾燥しないように、何度か天板にたまった肉汁と脂をかけてやる(「アロゼ(仏:arroser )」または「ベイスティング(英)」と言う)のがコツである。

代表的なクリスマス料理のひとつであるが、北米では食卓の人数が多い場合は鶏よりも大きな七面鳥のローストが好まれる。またヨーロッパでは、ガチョウのローストも好まれる。

ローストチキンには、肉の薄い持ち手となる部分に銀紙が巻かれているものがある。これは「チキンを持った際に手を汚さないために巻く」といわれるが、もとは「骨の断面が見えてしまうと見た目が良くない」として、断面を隠すために巻かれたのが始まりとされる。


ローストチキン【クリスマスパーティーセット】
きりっと締まった弾力とボリュームのある肉質を風味豊かな丸焼きに仕上げました。
カラッと美味しいサクサクチキン、フライドチキン付きのお得なセット。


【特大サイズ】水郷どり特撰ローストチキンもも蒸し焼き
当店のローストチキンは、40年以上も前から、ずっと蒸し釜で焼いています。
今は手間を省くために、直火でグルグル回しながら焼いている所が多くなりました。それだと美味しい肉汁が逃げてしまい、パサパサになってしまいます。
ですから、当店ではじっくり下味をつけて、しっとり焼き上げる、昔ながらの蒸し焼きをやっております。
しかも、作り置きはしておりませんので、出来立てのおいしさをご堪能いただけます。
おかげさまで料理雑誌『dancyu』でも紹介されました。
大手スーパーや百貨店からも、クリスマスシーズンに特設会場を設けて、販売しないかと誘いを受けました。
今では滅多に味わうことができなくなった、『本物のローストチキン』を召し上がってください。


ローストチキン四万十ハーフ(約400g)
ローストチキン四万十の2分の1サイズ。
お求めやすい大きさです。

ホロホロと簡単にほぐれるほど柔らかいロースチキンです。
清流四万十川の古里、四国山地の自然の中で育てられた健康若鶏にこだわりました。
鶏一筋40年のちきん館が誇る自慢の特製たれで丹精込めて作りました。
じっくりと中まで熟成していますので、そのままでおいしく召し上がれます。
四万十川伏流水仕込みの醤油と酒をふんだんに使用していますのでどなたにも喜ばれます。
パーティーの主役に、皆様の記念日にお気軽にご利用ください。
ちきん館でしか味わうことのできない一品です。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。