ミッキーマウスとクリスマス

ミッキーマウス (Mickey Mouse) は、ウォルト・ディズニーとアブ・アイワークスが生み出した、世界で(恐らく)最も有名なアニメのキャラクター。

ウォルト・ディズニーは、カンザスシティでスタジオを破産させてしまい、ニューヨークの配給会社チャールズ・ミンツの下で、パット・サリヴァンによる当時のヒットアニメ『フェリクス・ザ・キャット』のパクリのキャラクター、ジュリアス・ザ・キャットを用い、『アリス・コメディース』という実写合成ものの短編を作っていたが、サリヴァンによる再三の抗議のため、ミンツは、1927年、『オズワルド・ザ・ラッキーラビット』の製作への変更をディズニーへ指示する。ミンツによる大手ユニヴァーサルでの配給という成功に、ディズニーは、さっそく製作費の値上げを求めたが、翌1928年3月、交渉が決裂し、契約更新を拒否される。このため、ディズニー、アブ・アイワークス、ウィルフレッド・ジャクソンは、『オズワルド』の製作を継続しながら、別の作品の企画をしなければならなくなった。

「ディズニーは飼いならしたネズミをよく研究し、彼が醜いと思っていた耳・口・足などを大きくしポイントを付け1927年にミッキーマウスを考案した」という一般的な伝説は、架空の話である。ディズニー自身は主としてプロデューサーであり、アニメーターではない。前述のオズワルドやポール・テリーの『クレージー・キャット』を元にアブ・アイワークスがデザインしたものである。ウォルトは、育ての親として優れたプロデューサーであるが、アイワークスは、自分の作ったミッキーを奪ったとして、しだいに共同経営者のディズニーを嫌い憎み恨むようになる。当時のエジソンと同様、ディズニー本人には当初からオリジナリティはない。

ミッキーマウスの第一作は、リンドバーグにちなんだヒット作『フェリックスのノンストップ飛行』のパクリ、『飛行機狂』である。第二作は『ギャロッピング・ガウチョ』。どちらもサイレントで、配給ルートも得られず、まったく相手にされなかった。

1928年11月18日の第三作、アニメーション映画『蒸気船ウィリー』が、トーキー(トーキーアニメの最初のものではないが、メトロノームでコマを割る方法を用い、音楽と同期させた)で成功。当時はウォルト本人が声優を務めていた。その後、映画はシリーズ化され、ミッキーは人気となる。

ウォルトは元々ミッキーをモーティマーと名付けるつもりだったが、妻リリーの一声で現在の名前になった。その代わりにミッキーの恋のライバルであり、ミニーマウスの幼なじみとして、モーティマー・マウスが登場する。

恋人はミニーマウス。愛犬はプルート。あまり知られていないが、甥っ子にモーティーとフェルディーがいる。

デビュー当時のミッキーの性格は今に比べると短気・凶暴的な面が見られたが、子供の親からクレームを受けた為、今の温厚な性格に変化した。そのようなキャラクターはドナルドへ移っていったといえる。

ちなみに、東京ディズニーランドの「ミッキーの家とミートミッキー」では、蒸気船ウィリー、ファンタジア、ミッキーの大演奏会、ミッキーの夢物語の衣装に身を包んだミッキーに会うことが出来る。

1939年、「ミッキーの猟は楽し」より、キャラクターデザインが変更された。それまでのミッキーは黒目がちであったが、この変更により白目が付き、御馴染みの顔立ちとなる。これにより表情がより人間味が増している。しかし、従来の黒目のパイカットと呼ばれるデザインにも依然と人気がある。


ポップアップ ミッキー/すてきなクリスマス
コンピューター・グラフィックスによる3Dアニメーション作品で、ポップアップ(飛び出す)絵本のページをめくるたびに、クリスマスをテーマにしたお話が展開するという作りとなっている。


ミッキーのクリスマスがやってくる!
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ミッキーマウスは、ミニーにとくべつのクリスマスプレゼントをおくりたいとかんがえた。かいものへでかけたり、クッキーをやいたり、詩までかいたが、どれも、なっとくできない。でも、ついに、最高のプレゼントをおもいついたのだ。ミッキーのなかまたちが大かつやくする、ゆかいな、おはなし。各ページが立体シーンになっている。表紙と裏表紙をあわせて、リボンをむすぶと、たのしい、メリーゴーラウンドのかたちができあがる。


ディズニーストーリー全集 ◆プレゼントにも!!みんな大好き、ディズニーの名作を英語絵本で





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。