ハローキティとクリスマス

ハローキティ(Hello Kitty)は、株式会社サンリオでデザインされたキャラクターグッズ用キャラクター群。

主人公、キティ・ホワイト(Kitty White)は、擬人化された白い子猫で、向かって右側の耳の付け根にリボン、またはそれに類する飾りをつけているのが特徴。サンリオを代表する長寿キャラクターである。通称は「キティちゃん」。

ハローキティに関する豆知識
ハローキティは、当時スヌーピーグッズを販売していた(現在も販売している)サンリオが、スヌーピーに対抗して自社オリジナルキャラクターを開発しようと生み出したキャラクターの一つである。最初のグッズであるプチパースはキティを含め6種類のキャラクターで発売されたが、キティのものだけが圧倒的に売れたという。
初期のグッズに描かれたキティは体が横向きで座っているが、ラフスケッチの段階では正面向きのものもあった。初代デザイナーの清水侑子が当時のアシスタントに正面向きと横向きのどちらがいいかを尋ねたところ、横向きのほうがシンボリックでいいと返答したので、横向きを採用したという。
キティがつけているリボンは、キティが生まれたときにママが双子を区別するため、キティの向かって右側の耳(左耳)とミミィの向かって左側の耳(右耳)にリボンをつけたのが最初という設定がある。
ハローキティに口がないのは、「口がない」のではなく、見ている人と感情を共有できるようにあえて「描かない」のであるが、アニメではそういうわけにもいかないので、口がある(ただし『ハローキティ りんごの森のファンタジー』では口がない)。
キティにはダニエルが登場する以前にも、一時期ボーイフレンドが存在していた。『いちご新聞』1980年1月1日号(115号)にて「恋人宣言」。ボーイフレンドの名前を読者公募したが、その後サンリオキャラクターとして定着することはなく消えた存在になった。
1986年には、ハローキティのファンクラブが結成された。


キティとダニエルのおどるサンタさんのひみつ
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
キティとミミィは、クリスマスにおじいちゃんとおばあちゃんをしょうたいすることにしました。キティは、ダニエルもさそいますが、ダニエルのようすがすこしへんで、キティはごきげんななめです。じつはダニエルは…。


ハローキティのはじめてのクリスマスケーキ
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
キティとミミィが、はじめてクリスマスケーキをつくりました。


ハローキティのおでかけメロディーえほん
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ご家族そろっての団欒のひとときや、おじいちゃんやおばあちゃん、あるいはおじさんやおばさん、またはお友だちの家でのホームパーティーなどで、みんなで歌って楽しめるクリスマス・ソング6曲が収録してあります。
【目次】(「BOOK」データベースより)
きよしこのよる/ジングルベル/あかはなのトナカイ/もろびとこぞりて/サンタがまちにやってくる/もみのき







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。