クリスマスツリー

クリスマスツリー (Christmas Tree) はクリスマスのために飾り付けられた木。「知恵の樹」の象徴である。

クリスマスツリーには常緑の針葉樹(主に幼木)が使われ、ヨーロッパではドイツトウヒだが、日本ではモミが主で、ほかエゾマツ・トドマツが用いられる。常緑樹が使われるのは、冬の間も緑を保つため強い生命力の象徴とされたためである。また、『クリスマスの起源』(O.クルマン著)によれば、中世の聖夜の降誕祭の序幕において行われた、アダムとエヴァの堕罪の舞台劇で使われる「知恵の樹(善悪の知識の樹)」として、冬に葉が落ちてしまうリンゴの木の代用に、常緑樹のモミの木が禁断の木の実を飾るために使用されたのが由来ともされる。

ツリーの先端には、キリストの降誕を知らせたとして、多くは星が飾られるが、イギリスなどではクリスマスエンジェルという天使が飾られる。

その他にリンゴ(アダムとイヴが食べた知恵の樹の実を象徴したもの)やキャンディーケイン(杖の形をした飴)、ロウソクや、金や銀のモール、ポップコーン(糸でつないで飾る)、また、雪を模した綿など、さまざまなものが飾られる。現代ではロウソクの代わりに、豆電球の飾りを飾る家が多い。豆電球の配線は、以前は直列に配線されたものが多く、1つ切れると探す手間がかかるものが多かったが、近年では並列に配線されているものが一般的である。LEDを用いたものもある。また、音楽にあわせて点滅するものもある。

プラスチック製のクリスマスツリーも存在しており、常緑樹に似せられた緑色のものが一般的である。また、ホワイトクリスマスを連想させる白いプラスチックで作られたものもある。選ぶ手間を防ぐため、飾りつけもツリーと一緒に販売されていることが多い。


【210cm】クリスマスツリー☆ファイバーツリー♪
特大☆210cm!!
花びらが咲き誇るかのように枝自体が光を放つファイバーツリー


イタリア ガラスのクリスマスツリー(スノーマンタイプ)
イタリア製のガラスで出来たクリスマスツリーです。
職人が全てハンドメイドで吹いて作った製品です。
テーブルの上に乗せても邪魔にならないお手頃なサイズです。
いつものモミの木ツリーから気分を変えてガラスでクリスマスを華やかに飾られては如何でしょうか。


幻想的に光り輝くファイバーツリーをご家庭で!
ゴージャスそのもの。シルバー素材の枝を使用したファイバーツリーに、人気の高輝度LEDライトを取り付けたタイプのファイバーツリーです。。
光を通すファイバー素材をツリー全体にめぐらせ、全体が赤、青、紫、緑と光ります。(トップスターも光ります)
さらに、高輝度LED球を使用し、ファイバーの光と、LEDの強く光る光を同時に楽しめます。








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。