クリスマス・イヴ

クリスマス・イヴ(英語: Christmas Eve)とは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イブ(Eve)」は「Evening(夜、晩)」の略である。転じて俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。12月23日のことを「クリスマス・イブイブ」、「イブイブ」と呼ぶ者もいるが、日本独特の表現である。


七虹 NKC−215 ブローライト クリスタルスノーマン  イルミネーション


なお、ユダヤ暦およびそれを継承する教会暦では、日没をもって日付の変り目とする。このため伝統的教会では、クリスマスイヴの日没からクリスマスを起算する。このような教会では、「クリスマス・イヴ」は既にクリスマスに含まれている。カトリックでは、クリスマスには夜半・早朝・日中の三回ミサを行うが、日本などでは夜半ミサを前にずらして24日夜に行うことがある。一方、プロテスタント一部教派では25日に日付が変わったときをもってクリスマスの開始とする。


【 クリスマスレスニー 】 (木製人形)
そーっと見守らせて・・・。
真っ赤なサンタクロースと、仲良しのトナカイ。それから、じ〜っと動きそうにない3色の帽子をかぶったスノーマン。
このクリスマスが幸せなものになるように、じっと見守っていてくれそう☆
クリスマスのアイドル。
サンタクロースとトナカイは、永遠のお友達。ずっと、そっと、見守っています。
スノーマン。
名わき役のスノーマンは、帽子の色が3色。赤・黒・黄色・・・。一つづつを並べてもかわいい♪

多くの国々では、クリスマスは家族で過ごす日とされている。多くの家庭では、居間にモミの木などを用いたクリスマスツリー、玄関にはクリスマス・リースを飾る。クリスマス・イヴにはクリスマスケーキ、鶏、鴨、七面鳥などを家族で囲んで食べる。また子供にとってはこの夜、サンタクロースがプレゼントを持って来てくれる嬉しい日となっている。

日本のクリスマスイブのパーティの記録は明治時代初期にも残っている。明治8年(1875年)に、中村敬宇の自宅に外国人の家族が集まってクリスマスイブを祝った。


ハワイアンクリスマス オーナメント ウィンドサーフィン
いい風を受けてそうですね^^
快調に飛ばす(?!)サンタクロース★
置いて飾ることが出来ます。高さ約8cm


LED★ミニミニクリスタル3Dトレイン
小型&省エネが魅力のLEDツララライト・LEDネットライト
LEDロープライト・LEDツリーライトから
用途に合わせた、ストレート・ロープ・カーテン・ネット・アイスクル。人気のサンタクロース・トナカイ・スノーマン・ベル・星・月・結晶のモチーフライトまで激安イルミネーションが勢ぞろい!







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。