神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエ」は阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年12月に初めて開催しました。今年2007年で13回目を迎える「神戸ルミナリエ」。是非訪れてみてください。


シンデレラも真っ青クリスマスイルミネーション 
LED防雨クリスタル トナカイ&ソリ/ホワイト

神戸ルミナリエ(こうべるみなりえ)は、兵庫県神戸市において毎年12月に行われている祭典。
イタリア人のヴァレリオ・フェスティ(Valerio Festi)と神戸市在住の今岡寛和の共同作品である。

現在では、クリスマス時期のイベントとして定着しており、全国各地からルミナリエを観覧目的とした観光バスが出るなど、約2週間の期間中に毎年約500万人が訪れる。

1995年から毎年、クリスマス当日まで実施されていたが、2005年は12月9日〜12月22日、翌2006年は12月8日〜12月21日の開催に時期が繰り上がった。これは、クリスマス・イヴや当日に来場者が集中して危険な状況に陥ることを回避するためで、歳末商戦時に周辺商業施設(商店街や百貨店など)がルミナリエによって商機を逸していたことに配慮したためとされる。

メイン会場は、旧居留地内の仲町通が電飾で彩られ、終着地の東遊園地では敷地を取り囲むように光の壁が立てられる。会場ではテーマ音楽が流れている。山陽新幹線新神戸駅前をサテライト会場として行われていた。過去には、神戸ハーバーランドと異人館にも会場が設けられたこともある。しかし、2005年以降は別会場が設けられなくなった。

順路は、元町駅から三ノ宮駅方面への一方通行となっていて逆行はできない。以前は、仲町通からの東進するだけのルート設定であった。2005年以降は、入場前の迂回ルートが長く、鯉川筋の神戸大丸正面の交差点から花時計線を東進してから京町筋を南進、三宮中央通りを西に右折して再び大丸まで戻る。トアロードを南進、仲町通に達して左折するとようやく電飾が見える。混雑と迂回ルートによる長さにより、お年寄りや身体障害者等の方々の鑑賞が困難となってきたので、1999年からは開催の約1週間前に実施される試験点灯日を「ハートフルデー」として割り当てている。

年々混雑の度合いを増し、1998年からは会場周辺に多くの警備員が配置される形となった。これにより、現在では会場内と周辺道路で歩行者を含めて通行制限が徹底されている。警備員増員の人件費による赤字の膨らみにより、繰越金が減少して2007年の開催が12月6日〜12月17日の2日短縮された12日間の会期で行われることになった。この厳格な警備体制は、2001年に発生した明石花火大会歩道橋事故の影響もあるとされる。


クリスマスライト イルミネーション ブルーLEDライトチェーン (100球ストレート)■デコレーションクリスマスツリー


NEWファイバーツリー90cm
ファイバーイルミネーションのクリスマスツリーで、より一層深みのあるグリーンを採用したシックで高級感があります。組み立ては簡単で、台座に幹を差し込み、枝葉の形を整えます。あとはアダプターを差し込むだけ♪






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。